鍼灸と不妊症の関連について

子どもが出来ずに不妊に悩むカップルは以前から増加のイットをたどっています。

遺伝的な問題や病的な問題など原因はさまざまありますが、子作りを始めてから一年以上の経過がみられてもなお妊娠に至らない事を不妊症と言うようです。

結婚をして子どもを欲しがるカップルも多く、不妊に対する医療技術もまたそれに伴い発展して来ました。

どうしても子どもが欲しい夫婦の中には、体外受精などを行う人達もいますが、それにはお金もかかりますし、倫理的な問題に反するとの見方もあります。

鍼灸は、日本でも古くから伝わる医療技術の一つであり、患部に鍼や灸を当て身体を刺激する事で病気を治療する事です。

お灸などとも呼ばれている、この治療法はさまざまな病気に対して行われる事があり、不妊症にへの治療法にもなっているようです。

この方法なら、体外受精よりも体に対する負荷も少なく値段も安く済むので、子どもが出来ずに不安な日々を送っているカップルも治療を受けやすいのではないでしょうか。

このような問題を取り扱うクリニックはたくさんあるので、自分にあった所で治療を受けるのが良いでしょう。

この治療に関しては、ある一定以上の医療実績も認められており、かなりの信頼性が持てるのではないでしょうか。

今、日本では晩婚化が進んでいて、そう言った事も赤ちゃんの出来ないカップルが増えている要因なのでしょう。

年を取るに連れて、妊娠する確率と言うのは下がっていきます。

十代後半から二十代前半にかけて最も赤ちゃんが出来やすく、それ以降の妊娠の確率と言うのはピーク時に比べるとかなり落ち込んできます。

また、年齢が上がっていくごとに、出産に対するリスクと言うのも上がって行きます。

出産時に身体にかかる母体への負担と言うのは相当なものです。

あの痛みは、男性では耐えられないと言われるほどの負担がかかるようで、男性には想像がつきにくいかも知れませんが、出産とはそれほど大変なものです。

また、胎児にとっても出産直後はとても危険な状態にある事が知られています。

この時の危険性の高さもやはり、年齢の増加とともに増していくようです。

女性が社会に進出しやすい世の中になってきており、晩婚化が進む事も仕方が無い事なのでしょう。

しかし、少ないリスクで確実に出産をしたいのなら、やはり早期のうちに事を運ぶ必要があるのではないでしょうか。

それでも、ダメでなす術もない、そんなカップルは早期のうちにうてる治療を施すべきなのです。

コメントを残す

*