心因性の勃起不全

勃起不全の原因はいろいろなものがありますが、心因性の勃起不全というのもあります。

■現実心因
現実心因というのは、現実的な部分に理由があるといったものになります。簡単にいってしまうと実生活におけるストレスや、なんらかのショック、コンプレックスになります。
こういった場合はある程度認識がしやすいために、そういったストレスやコンプレックスなどが取り除かれると回復する可能性もありますし、改善していくことが出来ると言えます。
現実心因の具体例を紹介していきましょう。
・コンプレックス
コンプレックスは様々なものがありますが、EDにつながるコンプレックスというと性的な部分になります。
短い、小さい、早い、ヘタ、こういったセリフを言われたことで、そのあと性交渉がうまくできなくなってしまう、そういった恐怖などから勃起不全にまでいたってしまうというものになるのです。
こういった事が原因でEDになってしまった場合は、相手と話し合った上で治療薬を使っていくといった解決方法もあります。ただ、その解決方法に自信がない場合などは、一度カウンセリングにかかってみても良いでしょう。
・仕事などのストレス
仕事などのストレスがあるとそもそも性的な部分に関心がいかないということにもなります。
また気分が後ろ向きになり、勃起不全につながったりするようです。

■深層心因
深層心因というのは、簡単にいうと過去のトラウマということになります。小さい頃に大人の女性に性器を触られた、大人の性行為をみてしまったといったような、小さく性について知識が少ない時に不用意に性的なものに触れてしまうことで、トラウマになってしまったりするのです。
こういったトラウマが原因の場合は、素人が治せるものでは無いと考えましょう。自分がなににトラウマをもっているのか、といった点を探りながら治療をしていくことになるため、あまり焦ることなくゆっくりとカウンセリングなどにかかっていくようにしましょう。

■心因性の勃起不全にならないためには
トラウマが原因の場合は別ですが、ストレスやコンプレックスなどが原因の心因性の勃起不全の場合、ある程度は夫婦や恋人の間で気をつけることで、予防をしていくことができます。
・思いやりをもつ
発言をする際には「こういったことで相手を傷つけないか?」といった風に、あいてにたいして思いやりをもって接していきましょう。
・ストレス解消
一緒の趣味がある場合などは、積極的に一緒に行動をしてストレス解消につとめましょう。ただ押し付けにならないようにする必要があります。
・食生活に気をつける
ビタミン、ミネラルなどをきちんととれるように食生活にも気を配ってあげましょう。
・性生活に刺激を
コスプレをする、大人のグッズを使うといった方法で性生活に刺激を与えて揚げるのも良い方法と言えるようです。

コメントを残す

*